【要確認】消費者金融の審査に通りやすい人になる5つの方法とは?

  • 消費者金融の審査に通りやすい人って、どんな人なの?
  • わたしでも審査に通る方法って、あるのかな?
  • 審査に通りやすいからって、怪しいところからは借りたくないなぁ…

 

消費者金融の審査に通過した女性

 

お金が足りないなぁって時に、だれにも迷惑をかけずにお金を借りられたら、便利だと思いませんか?

 

今月の支払いが3万円足りないって時に、毎度毎度、友達や親に貸してほしいって頼むのも、気が引けませんか?

 

勿論、一番良いのはお金を借りなくても済むように、毎月の生活をやり繰りすることですが…。

 

一先ずのお金を借りたいって時に、消費者金融というサービスは非常に重宝します。

 

誰かに保証人になってもらう必要もないですし、担保に何かを差し出す必要もありません。

 

かといって、闇金のような暴利を請求されることもなく、法律で定められた利息を支払っていれば、最初の確認以外で電話やメールでやり取りすることも殆どありません。

 

お金を借りると、弱みを握られてしまう…

 

頭を抱える女性

 

私なんかも、最初に消費者金融からお金を借りる時に、こんなイメージを持って二の足を踏んでいる時期がありました。

 

しかし、大手の消費者金融は母体が大手の銀行系グループになっています。

 

金融庁の管轄となってますので変な取り立てや請求などは無く、個人的な印象としては銀行窓口と殆ど変わらないなぁといった感じの、非常に丁寧な対応が受けられます。

 

機能性も年々優れてきており、今では条件次第では自宅から一歩も出る事なくお金を自分の口座に振り込むことも可能です。

 

ただ、消費者金融からお金を借りる為には「審査」を通過する必要があります!

 

審査には通りやすい人と通りにくい人がいて、その両者には列記とした違いがあるのも事実です。

 

このページでは、消費者金融の審査に通りやすい人になるための5つの方法と題して、審査の為の大切な知識をまとめました!

 

もしもあなたが、消費者金融の審査に通りやすい人になりたいとお考えなら、今すぐ以下を読み進めて下さい。

 

 

審査に通りやすい大手の消費者金融の金利とは?

 

審査に通りやすいところからお金を借りたいのであれば、まず最初に消費者金融からの借り入れを検討してみましょう。

 

大手であれば、最短だと申込から1時間ほどで振込やATM引き出しが可能となります!

 

よく比較されるのが「銀行カードローン」ですが、実際には銀行カードローンよりも少し金利が高くなります。

 

その代わり、消費者金融のほうが審査に通りやすい傾向にあるのが実情です。

 

ただし金利が高いとはいっても、貸金業法に順守した法定利息となっていますので安心です。

 

保証人も担保もない準備できない人でも、個人の信用だけで貸し付けを行ってくれる信頼できるサービスを選ぶことが重要です。

 

審査に通りやすいからと、非登録業者(闇金)からの借り入れはリスクしかありません。参考:闇金のリスク

 

銀行カードローンは14%程度であるのに対し、消費者金融の金利は初回の人だと18%程度となっています。

 

【例@】10万円を金利18%で1か月借りた場合の金利

 

10万×18%(0.18)÷365日×30(日)=約1,480円(1か月利息)

 

【例A】10万円を金利14%で1か月借りた場合の金利

 

10万×18%(0.18)÷365日×30(日)=約1,150円(1か月利息)

 

1か月の利息差は、約330円となります。

 

銀行カードローンは即日融資にも事実上対応していませんので、即日で借りたい人も消費者金融からの借り入れがお勧めです。

 

不安な人は、事前に出来る「簡易診断」で審査に通過する可能性があるかどうかチェックしてみると良いでしょう。

 

初回の人は、無利息サービスがあるプロミスかアイフルを利用すると、最大30日間は利息0円での借り入れが可能となります。

 

プロミス≫ SMBCモビット≫ アイフル≫

プロミス

初回の人には借り入れ翌日より30日間の無利息サービスが受けられます。(メアドとウェブ明細の登録)

SMBCモビット

既に他社で借入している人でも審査が受けられます。ウェブ完結申込なら在籍確認の電話カットも可能です。

アイフル

初回契約者は、契約日翌日より最大で30日間の無利息サービスが受けられます。1秒簡易診断あり。

 

銀行カードローンは、2018年1月より即日融資が事実上不可能となりました。理由としては、銀行カードローンは銀行法を遵守しているため貸金業法である総量規制の対象外となっています。

 

総量規制の対象外であるため、銀行カードローンの過剰貸し付けが社会問題となり、銀行側の自粛活動を行うようになりました。

 

また、暴力団などの非社会組織への融資規制を強化するために、審査の申し込みの際に「警察庁データベース」の参照が義務付けられたことも即日融資に影響しています。

 

というのも、この警察庁データベースは参照するのに、早くても翌日営業日、長い場合で2週間以上の期間を要するからです。このような背景があり、銀行カードローンの即日融資は事実上不可能となっています。

 

審査に通りやすい人になる5つの方法とは?

 

定職に就く

 

キャッシングの審査に通りやすい人の特徴うんぬんの前に、最低限の条件をクリアしておく必要があります。

 

そのキャッシング審査の最低限の条件として、安定収入があることと20才以上であることの2つが挙げられます。

 

安定収入があるのであれば、学生のアルバイターさんでも、派遣社員や契約社員でも、正社員は勿論ですが、個人事業主やフリーランスの人でも審査を受けられます。

 

安定した収入がある人の中でも、6か月以上安定して勤務していることが望ましく、少なくても3か月は勤務実績を作ることを目指しましょう。

 

極端な話、昨日働き始めたような実績では、大手の消費者金融から借り入れするには不利となってしまいます。

 

働き始めてからすぐの人でも、キャッシングの審査に通ったといった口コミもありますあ、審査は様々な面を評価して行われます。

 

そのため、仕事を始めてまだ日が浅い人でも、諦める必要はありません。

 

あと、出来れば在籍確認の電話に出やすいような職種に就いておくこと。

 

これはそれほど必要条件とまではいえませんが、すんなり電話で在籍確認がとれるほうが審査には通りやすいでしょう。

 

ダメな場合でも、在籍確認の電話なしサービスなど消費者金融では柔軟な対応が可能となっていますので、やはりそれほど必要条件とはなりません。

 

できれば、在籍確認が取れやすい職種や会社の方が良いという程度で覚えておくと良いでしょう。

 

それと、本人確認書類だけでなく、直近の給与明細書を準備しておくことも審査に通りやすい人になる為には望まれます。

 

実家に住む

 

賃貸アパートに一人暮らしをしている人よりも、実家で家族と暮らしている人のほうが属性スコアが高くなる傾向にあります。

 

もしも返済に困ったときでも、周りの人が助けてくれる可能性が高いと考えられるからです。

 

また、賃貸アパートよりも実家で持ち家のほうが夜逃げなどのリスクも減ります。

 

また、賃貸であれば賃貸費用が毎月発生するのに対し、実家であれば基本家賃0円ですので返済能力が高くなると考えられます。

 

属性スコアというのは、審査の為に判断基準となる情報を点数付けして申込者の返済能力を測定する方法を言います。

 

  • 属性スコア…申込者の個人情報に点数をつけて審査の判断基準に利用するもの

 

住居環境も一つの判断基準となりますが、その中でも申込者の住居環境は属性スコアリングを行う上では、配点が大きいと考えられています。

 

消費者金融の審査に通りやすい人の特徴として、持ち家や実家に家族と同居している人という特徴が挙げられます。

 

使わないクレジットカードは解約

 

クレジットカードには「キャッシング枠」がついています。

 

このキャッシング枠を利用すれば、即日でお金を借りる事が可能です。

 

少額の枠であることが多いのですが、必要ないクレジットカードは解約しておくほうが良いでしょう。

 

個人の信用取引情報であるクレジットカードの登録情報なども、個人信用情報機関で管理されています。

 

ポイントを貯めるなどの目的で使っているクレジットカードだけを保持するようにすることも、消費者金融の審査に通りやすくなるコツの一つです。

 

他社借り入れは全額完済する

 

上で少し書きましたが、個人の信用取引に関しては、すべて個人信用情報機関で一定期間保持されています。

 

消費者金融や銀行など、ローンを行う会社は必ず申込者の信用情報を確認するように義務付けられています。

 

他社での借り入れ額や借入件数などは、すべて把握が可能と言って間違いないでしょう。

 

そのため、消費者金融の審査に申し込む際には、出来るだけ身軽な状態になっておくことも審査に通りやすい人になるコツといえます。

 

借入している返済額を減らすことも大切ですが、可能な限り借入件数も減らすようにしましょう。

 

3件規制という言葉があるように、他社借入が3件以上だと消費者金融の審査に通りにくい人になってしまいます。

 

  • 1社から借りるだけでは足りないような生活をしている人なんだな
  • 他社も高額な融資は拒否しているのか…
  • 他からも更に借り入れする可能性があるな…

 

他社借入件数が多いと、申し込みを受けた消費者金融の審査担当者から、このように「信用が少ない人」と判断されてしまいます。

 

他社借入件数が3件未満であることと同時に、借入総額が100万円未満であることも審査に通りやすい人の特徴として挙げられます。

 

キャッシングの理由を工夫する

 

消費者金融の審査に申し込む際に、各種情報を申告する中で「借入希望理由」というものが尋ねられます。

 

その答えとしては「生計費」が一番無難となりますが、もう一工夫すると審査に通りやすい人になる可能性があります。

 

それは、「一時的に必要なお金」だと答えると、印象が少し上がる傾向にあります。

 

例えば、友人の結婚式や旅行費用の足しにするなどです。

 

  • 結婚式のご祝儀代
  • 新婚旅行や卒業旅行の費用
  • 一人暮らしのスタートアップ費用
  • 留学費用
  • 事故車の修理代

 

一時的に必要なお金のためのキャッシングであれば、「返済の目途もあるのだろう」と判断されやすく、審査に通りやすくなるかもしれません。

 

使途に制限がない消費者金融のキャッシングでは希望理由は一見すると答えは何でも良いような印象がありますが…。

 

目的が決められているローンとは違い、借入した人が自由に使えるお金であるので、どういった使い方をするのかは貸す側からすると気になるところでしょう。

 

スロットやパチンコ、競馬といったギャンブル目的で借入する利用者であれば、ギャンブル依存症の可能性があり、返済に困って滞納する可能性が高いと推測ができます。

 

ギャンブル費用なども含めて「生活費」と申告する人がいる中でも、その目的が「一時的に必要なお金」だと補足があるだけでも、ギャンブルなどの博打的な娯楽のための借り入れではないとみなされ、審査の評価が少し上がる可能性があります。

 

当然ですが、現状を正直に申告することが重要となります。

 

年収を高く申告したり、借入件数や借入金額を誤魔化したりしても、上記の通り信用情報機関に動かぬ証拠がある以上は必ずバレてしまいます。

 

虚偽の申告は即刻審査落ちの原因となるだけでなく、その虚偽の申告についても信用情報機関に保持されることになり、今後のローン契約にも大きく影響を与える事になってしまいます。

 

可能な限り消費者金融の審査に通りやすい状況を作ったうえで、現状を正直に申告するようにしましょう。

 

2社目に審査を申し込むタイミングや注意点とは?

 

はじめてキャッシングを利用したいと思っている人が、1社目の審査に落ちてしまったからと諦める必要はありません。

 

他社借入件数が0件の人が、1社目に落とされた際の2社目への申し込みタイミングや注意点について…。

 

また、既に他社借入が1件ある場合の人が、増額申請を断られた場合の2社目への申し込みタイミングや注意点について解説していきます。

 

2社目の消費者金融で、どうすれば審査に通りやすい人になれるのかについても解説していきます。

 

他社借入件数0社の人の場合

 

本ページでご紹介している属性スコアの改善に取り組んだり、別の会社の審査に申し込んでみる方法もあります。

 

はじめて申し込んだ1社目では落ちてしまったけど、特に何もすることなく2社目の審査には通ったという事例は少なくありません。

 

各社独自の審査基準や指標を持って審査を行っていますので、A社ではダメでもB社では借り入れが可能だというケースもあるのです。

 

1度に複数の会社に審査の申し込みを出すと、「申込ブラック」として審査に悪影響が出てしまいます。

 

しかし、1社目の審査を申し込み、結果落ちてしまったとしたら、そのあとのタイミングで2社目に審査の申し込みを出してみると良いでしょう。

 

審査を出す会社数(同時申込数)は1社ずつという点に注意したほうが、審査に通りやすい傾向にあります。

 

消費者金融の審査基準というのは、社外秘になっているため正確な情報を知ることはできません。

 

人によっては、2件までなら同時申込でも問題ないと考える人もおられます。

 

消費者金融の審査に通りやすい人の特徴という情報一つにしても、ネット上では情報が錯そうしているという実状です。

 

確かに、1社目だけでは何か申込者自体に問題がある場合ではなく不可抗力的に審査に落とされることも無きにしも非ずですので、念のために2社目にも申し込んでおくという理屈は真っ当と言えば真っ当ですね。

 

念の為に2件申し込むというスタンスは、切羽詰まった人や悪事を目論む人だとみなされにくい傾向があります。

 

しかし、これが3社、4社と同時に申し込みをしているようだと、よほどお金に切羽詰まっているケースや多数の会社から借り入れして踏み倒そうと目論んでいるのではないかと疑われますし、場合によってはブラック扱いを受けてしまいます。

 

ちなみに、申込をした履歴に関しては、キャッシング会社が審査するときに信用情報を参照しますので、そのタイミングで信用情報はほぼリアルタイムで更新されます。

 

念の為、消費者金融の審査に関して同時申込は2件まで、できれば1件ずつ申し込みをして審査結果を待つというように余裕を持った行動を心がけることが求められます。

 

他社借入件数1社ありの人の場合

 

ただし、既に1社契約している人の場合は少し違います。

 

新しく別の会社と契約をしようとするよりも、一先ず今借りている会社からの増額申請を利用してみると良いでしょう。

 

しかし、1社目から増額の審査に落とされてしまうことがあります。

 

その場合、新しく2社目に審査の申請を出すことになりますが、1社目での返済履歴などに問題がなければ審査に通りやすいかもしれません。

 

よく会社などでは、特にお金が必要ではない時でも、銀行との信頼関係を作っておくために借り入れを行うことがあります。

 

わざわざ借り入れをして、それをきちんと返済することで、返済実績、借り入れ実績が出来ます。

 

それが、いざ必要なお金を借りたいという時に審査落ちしてしまうリスクを減らすことができるのです。

 

それと同じ要領だと思ってもらえばいいでしょう。

 

つまり、別の会社で返済実績がある利用者は、新しく申込した2社目からも返済能力が高いと判断されやすいのです。

 

逆に、1社目の返済を遅延したり滞納したりしている状況であれば、2社目に審査を出しても通らない可能性が高くなります。

 

総量規制で年収の3分の1以上は貸し出せない法律があるため、すでに1社目で総量規制ぎりぎりまで借入している場合には審査に通過することはできません。

 

すでに1社目から借り入れをしている人の場合は、2社目にトライする時にこの点には注意が必要です。

 

審査に通らない人の4つの特徴とは?

 

審査に通りやすい消費者金融でも、問答無用で審査落ちされてしまう4つの特徴をご紹介したいと思います。

 

仕事をしていない(安定収入がない)

 

消費者金融では、無職の人や専業主婦、年金暮らしの人(年金受給者)には貸付が行われません。

 

年金に関しては、貸金業法では定期的な収入とみなされていますが、消費者金融では安定収入として認められていません。

 

その理由の一つとして、年金に関しては給与などの他の定期収入と違って、返済不能となったときの差し押さえが法律で禁止されているためです。

 

消費者金融各社によって審査基準は異なりますが、基本的にパチプロや競馬のプロ、最近はやりのamazon等を使った転売ビジネスで一時的にお金を稼いでいる場合など…、こういった収益も安定収入とはみなされず、審査に通らなくなります。

 

仮にパチプロで10年以上安定した収益があったとしても、消費者金融の審査には通りません。

 

逆に、アルバイトで月に5万円の収入だったとしても、その収入に見合った限度額で審査を受ける事は可能となります。

 

未成年もしくは高齢者である

 

多くの消費者金融では、貸し付けに年齢制限を設定しています。

 

その多くが、20才から69才まで、20才以上70才未満、といった感じです。

 

やはり高齢者は、現役世代と比べると収入の安定性が乏しく、返済能力が低いと判断されてしまう傾向が高くなります。

 

また、昨今の振り込め詐欺など高齢者をターゲットにした金融犯罪も多い中、キャッシング契約した高齢者が消費者金融のローンカードを悪用されてしまうリスクなども挙げられます。

 

こういったリスクからも、返済能力が乏しいと判断されてしまう実状があるのです。

 

この年齢制限については、貸金業法で規制があるわけではないため、各社が独自の判断で年齢制限しているのが実情です。

 

少子高齢化の日本社会では、この年齢制限は随時上げられてきたという歴史があります。

 

今後も消費者金融業界で一般的な70才制限のルールは、変更されていくかもしれません。

 

現状、未成年者や70才以上の高齢者の場合、消費者金融の審査を受けられなくなっています。

 

すでに他社借入が年収の3分の1近くある

 

貸金業法の総量規制とは、以下の内容となっています。

 

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)【引用元】日本貸金業協会:貸金業法について

 

この3分の1規制は、借入している金融業者1社からではなく、借入している全社の借り入れ合計金額となります。

 

また、総量規制の範囲内であれば、必ず借り入れが可能というわけではなく、各金融機関の審査状況によって借りれる金額は異なってきます。

 

既に、自身の年収3分の1以上の借り入れをしていたり、新たに申し込む金融会社の借入希望額を足すと3分の1を超える場合などは、審査に通らなくなります。

 

過去5年以内に延滞や強制解約などの金融事故を起こしている

 

過去5年以内に、キャッシングやクレジットカードなどの金融取引において、返済を長期延滞や滞納、債務整理や代位弁済、自己破産などの事故を起こしている場合は、消費者金融の審査には基本的に通りません。

 

延滞や滞納であれば、遅延金を支払って完済した状態であれば、審査に通る可能性はあるでしょう。

 

しかし、自己破産や任意整理など債務整理系に関しては、信用情報機関によって期間は異なりますが5年から10年間は新たなローン契約が不可能となります。

 

即日での審査に通りやすい人になる5つの条件とは?

 

消費者金融から今日中にお金を借りたい人もおられるでしょう。

 

一般的に言う「即日融資」を受けるためには、どのような条件が必要なのでしょうか?

 

即日で審査に通りたい人は、以下の4つの条件を確認してください。

 

即日対応の会社を選ぶ

 

まず前提として、即日融資に対応している金融業者を選ぶ必要があります。

 

上で少し説明しましたが、銀行カードローンは基本的に即日融資が不可となっているため、こういった金融機関を選んで申し込みをしても、今日中に借り入れすることは出来ません。

 

当ページでご紹介している大手の消費者金融であれば、即日融資にも力を入れていますし、様々な条件にも柔軟に対応してもらいやすく、今日中に借り入れをしたい人に選ばれています。

 

申し込み時間を厳守する

 

24時間という文字を見ただけで、いつでも審査に申し込めるし、いつ申し込んでも審査に通ってすぐに借りれるという勘違いをする人が少なくありません。

 

私自身もそうだったのですが、実際には24時間いつでも借りれるという文言には、様々な条件が隠れています。

 

まず、24時間いつでも申込は可能ですが、何時に申し込んだとしても、すぐに審査がスタートするわけではないということです。

 

審査をスタートしてゴールまで進めてくれる時間帯というのが、各社設定されています。

 

これが審査時間というもので、多くの消費者金融は朝の9時から22時までと制限をもうけています。

 

ですので、即日での融資を希望される場合には、この時間帯の間に「申込から審査を受けて結果を受け取る」までのプロセスを完了させる必要があります。

 

夜中の2時にネットから審査の「申込」が出来たとしても、審査がスタートするのは翌営業日の開始時間(朝9時)となるため、その深夜の間にお金を借りることはできません。

 

ただ、既にキャッシングの契約を済ませて借入限度額に枠が残っている場合には、深夜であろうがコンビニATMまで足を運んで現金を引き出したり、対応している銀行へならネット上で振込依頼を出すことが可能です。

 

審査にかかる時間は、各金融業者によって異なりますし、申込者の信用情報の状況によっても異なりますが、だいたい最短30分から1時間、場合によっては2時間以上という場合もあります。

 

そのため、即日融資を希望される人がすぐに審査に通るようにするためには、審査時間の間に申し込む、遅くても20時までには審査申込を済ませておく必要があります。

 

必要書類の準備をしておく

 

必要書類が準備できないと大幅に時間をロスしてしまうため、即日融資を申し込む際には、事前に必要となる書類を準備しておくと良いでしょう。

 

ただし、借入希望額が「50万円未満」、「もしくは他社借入残高も含めて100万円未満」であれば、原則「本人確認書類」のみでの審査が可能となっています。

 

逆に、本人確認書類である免許証やパスポート、マイナンバーカードなどの準備が出来ない場合には、審査に申込しても、審査自体が受け付けられないので注意しましょう。

 

在籍確認の対策をしておく

 

即日融資を希望する日が、土日休日など勤務先が休業日の場合などは、在籍確認の電話がつながらない状況かと思います。

 

そういった場合には、代替書類として社会保険証や在籍証明書、給与明細書などの提出が求められますので、こちらも準備しておくと審査に通りやすくなるでしょう。

 

また、在籍確認の電話連絡が不都合な場合なども含めて、ネットからWEB申込を済ませたあとに、コールセンターに電話を入れて在籍確認を電話以外で行いたい旨を相談すると良いでしょう。

 

また、即日での希望をしていることを伝えると、審査の順番待ちをスキップして優先して審査を始めてもらえる可能性があります。

 

ネットで申し込んでアプリをダウンロードする

 

無人契約機や電話、郵送といった申込方法がありますが、断然スムーズで効率的な手続き方法が「WEB予約」です。

 

インターネット上の公式HPで申し込みを済ませるほうが、その後どの手続き方法を選んだとしても時間的なロスも少なくスムーズです。

 

即日でのキャッシングを希望されている場合には、以下の流れが最もスムーズかと思われます。

 

  1. WEB申込
  2. WEB上で必要書類の提出
  3. 審査待ち
  4. 審査通過の通知メールを受け取る
  5. 契約書類にWEB上でサイン
  6. アプリをダウンロードしてログインする
  7. アプリ上で振込依頼もしくはコンビニATMでアプリを使って現金引き出し

 

電話だと必要事項を口頭で一つ一つ説明する必要がありますし、郵送だとやり取りだけで1週間以上は必要となります。

 

ネットの公式HPで申し込んで、ネット上からスマホのカメラで撮影した必要書類を提出し、審査を待つ方法が最もカンタンでスムーズな手続き方法といえます。

 

【要注意】審査が通りやすいけど怪しい業者のリスク事例とは?

 

世の中には、真っ当な金融業者もあれば、個人や組織が不法で営んでいるような闇金業者も多数存在しています。

 

闇金の中にも、様々なジャンルや特徴、カテゴリーがあるので、一概に闇金とはこういう業者だと説明がつかないのも事実です。

 

ただ、一つはっきりしているのが、法律無視であるという点です。

 

  • 法外に高い金利・利息
  • 法律無視の取り立て・請求
  • 違法な個人情報の悪用

 

大きく特徴を取り上げると、上記のような特徴がありますが、その中でも実際にあったリスク事例についてご紹介してみたいと思います。

 

友人の紹介で借入したAさんは、試しに10万円を初回融資してもらいました。

 

しかし、その10万円を返済するまでに1年以上の期間がかかり、支払った金額は利息も含めて100万以上…。

 

具体的には、返済したいと電話をしても繋がらなかったり、返済できないため利息が加算されたり、希望していないのに口座に勝手にお金が振り込まれたり…。

 

こういった法律無視の金融サービスを受けてしまうと、返したくても返せないという奇妙な状況に陥れられるだけでなく、利息が膨れ上がり返済地獄から抜けられないといった恐ろしい状況にもなりえます。

 

闇金業者は、最近ではソフト闇金といったカテゴリーも増えてきており、暴力的な取り立てをしないことをPRしている業者もあります。

 

返済さえきちんとしていれば、多少利息は高いけど問題はない…。

 

背に腹は代えられない状況の債務者は、それだったらと飛びついてしまいそうですが…、一度闇金業者に個人情報が流れてしまうとどうなるか?

 

  • 知らない番号から電話がかかってくる頻度が格段にアップする
  • 怪しい商材のDM郵送が多数届くようになる
  • 怪しい人が自宅に訪ねてくるようになる

 

こういった反社会的な組織に優良顧客としてマークされてしまう結果となり、日常生活にも悪影響が出てきてしまいます。

 

身近な人からの紹介や口コミだったとしても、審査に通りやすいからと怪しい業者を選ぶのは危険以外の何物でもありません。

 

まとめ

 

消費者金融の審査に通りやすい人になる5つの方法について解説してきました。

 

ここまで読み進められたあなたは、かなり消費者金融には詳しい人になれたことでしょう。

 

また、ご自身が審査に通りやすいのか否かという判断も付かれたことでしょう。

 

もしもあなたが、消費者金融に申し込みをしてみようと思われているのであれば、まずは大手で確かなところから申し込みをスタートしてみましょう。

 

以下に大手の消費者金融を厳選してご紹介していますので、借り入れをしたい人は今すぐ確認してみてください。